【ペロリン】です!
今日はオナホールの素材をレビューしていきます。
オナホールの「素材」、特に触れる部分はほとんどシリコンですが、
メーカーによって特徴のある素材を使っているんです。
そんな「素材」に着目してレビューしてみました!!

 オナチューブチャンネルはこちらから。
チャンネル登録、高評価、宜しくお願いします!



ペロリン
動画に出てきた商品の最安値はこちらです。
 イヴ+wetch
 Pucchi Wave

オナホールで使われている素材の元は一緒かもしれませんが、
メーカーによっては素材にネーミングを付けて、
一線を画すこだわりを感じます。
オナホールメーカーのネーミング付き素材、
いったいどれだけの種類があるのか、一部ですがまとめてみました。

ネーミング付き素材
●ライドジャパン
バンジータッチ、ハードタッチ、ソフティータッチ、シルキングタッチ、ベビータッチ、プレミアムスキン
●マジックアイズ
MagiceyesSkin、ラブラバSkin、UnREAL SKIN、
●メンズマックス
+wetch(プラスウェッチ)
などなど、、、

ライドジャパンさんのバンジータッチは有名ですね。
ヴァージンループがヒットした時に多くの方に認知されたのではないでしょうか。
1つのメーカーでも沢山の素材を有しているのは驚きでした。
ただ、どのネーミング付き素材も弾力性と触感の違いの差、
言い換えれば水の量を変えたりして配合を変えているだけです。
その配合を変えて、完成させるのが大変なのですが・・・


今回紹介するのは、水がいらないオナホール素材
メンズマックスさんのプラスウェッチ素材をレビューしました。

水だけで使える


「水だけですから安心、安全、潤滑力がスゴイ!」
と言っていますが、果たしてどれほどのものなのか、

まずは某メーカーの素材とプラスウェッチ素材を用意します。
透明な板を斜めにして滑り台のようにセット、
板の上を水で濡らして2つの素材を乗せてみます。
まず某メーカー素材はビクともしません、止まってます。
ですがプラスウェッチ素材はスムーズに滑って落ちます。
もちろん素材を触っている手もヌルヌルですよ。

すべり台


次に、素材を水道水に漬け込んでみました。
すると、水道水がローションのようにヌルヌルに変わってしまいました。

水道水


さてプラスウェッチはなぜ水でヌルヌルするのか?
素材の中にミクロサイズの潤滑ゼリーが埋め込まれているので、
水に触れると反応して溶け出してくる仕組みです。
これはメンズマックスさんの特許技術!
例えるなら、使い捨ての髭剃りに使われている、あごがヌルヌルする感じです。

プラスウェッチ1

プラスウェッチ2


では実際に使用する場合、水はどれだけの量が必要なのか?

あふれるくらい大量に水が必要なら根底から違ってきますが、
9mlで十分な潤滑力を得られます。
この量は駅弁などしょうゆが入っている、魚型の容器2個分です。

9ミリ




プラスウェッチ素材の商品は・・・
現在、発売されているのは、
メンズマックスFEEL+wetchメンズマックスFEEL EVE+wetch
メンズマックスPucchi8種類ですね。
FEELは正統派オナホール、
Pucchiはポケットにも入る持ち運びやすいサイズのオナホールです。

素材の特徴に目が行きがちですが、あるレビューサイトで高評価を得ている優れものです。
実際に試してみてはいかがでしょうか。

動画に出てきた商品の最安値はこちらです。
イヴ+wetch
Pucchi Wave