オナホの初めはどんなものだったんでしょうか?
私が業界に入った時はTENGAが出始めのころで、
それ以外にもいろいろとあったから
最初がTENGAでは無いのは確かです。
少し過去に振り返って見てみましょう!

youtubeチャンネルはこちら!
チャンネル登録、高評価、宜しくお願いします!

これでは無いのは確か!↓
オナホレビュー_youtube_歴史01




なんと、歴史は江戸時代に遡ります!
まあ、人類が増え続けているということは
性生活がその間あったわけで、
性欲もずっとあるわけですよ。
相手がいない人は自分で処理しないといけないわけですから
昔からそのような道具があってもおかしくはありません!

名称は「吾妻形」というもので刀の鞘をを作るための技術を利用して
ベルベットという素材で中を作っていたそうです。


↓一番右側のやつっぽいですね。「こんにゃく」「果実」も使っていたようです。
オナホレビュー_youtube_歴史02

オナホレビュー_youtube_歴史03


ベルベットは聞いたことがあるのですが、生地ですよね?
刀の鞘の中に生地を突っ込んでその中に入れるという
今ではなかなか考えられないものですね…
そのまま突っ込んでもカサカサしてあまり気持ちよくない気がします…
もちろんローションなんてなかったはずですから何か違うもので使っていたんでしょう。

↓これにこすりつけてたのか…
オナホレビュー_youtube_歴史04

ローションも一応調べたら、似たようなものはあったらしく、
トロロアオイの根ふのりを使ってたようです。
でも、男色に使う為という記載が…
それを自慰で使うこともあったでしょうね。

↓トロロアオイの花です。これの根っこがぬるぬるするんですかね。
オナホレビュー_youtube_歴史05

とは言っても、刀の鞘もベルベットも当時大量に流通しているわけではないはずなので
この吾妻形は上級国民の為のおもちゃだったんでしょうね。
庶民は前述したこんにゃくや果実、わらび餅を使っていたようです。

そしてなんと、現代にも吾妻形という商品が!

オナホレビュー_youtube_歴史06

トイズハートさんから発売されていた商品で
ホームページを見てみたら、いまは廃盤となってました。
なにやら海外向けに作っていたようで結構大き目なサイズですね。
現状手に入れるのは無理なので使用感はお伝え出来ませんが
結構昔の商品なのでまだまだ発展途上の品質かもしれませんね。

現代は色々なオナホを選びたい放題で使えるわけですから
なんて素敵な世の中なんでしょう!
今に生まれてよかったなぁとしみじみ感じますね!