オナニー 依存症ではないですか?

毎日毎日アダルトDVDや無料動画サイトでオナニー していませんか?
それってもしかして・・・・・・
image

☆☆オナニー 依存症では???☆☆

 酷い状況だと日常生活にも支障が出るそうですよ・・・・

オナニー 依存症って??? 

 オナニー 依存症って書いてそのごとく、1日で何度となくオナニー を
繰り返し行ったり、毎日何時間もオナニー の為に時間を使う事です。
自分自身わかっているけど、やめられないといった事が【依存症】ですね。
 

☆☆四六時中女やオナニー の事しか考えれない☆☆ 

って人も多くいる様です。
 

何が原因で依存症を引き起こすのか??? 

意外と悩みがあったり、ストレスを抱えてる人に多い【オナニー 依存症】
オナニー をする事で快楽に逃げたり、ストレス解消の手段としてオナニー を
するケースもあるそうです。
快楽に逃げる事で毎日の癖になり、体も脳も癖付いてしまいオナニー が自然としたく
なるんですね。
image

 

若い年代平成生まれに意外と多いオナニー 依存症

昔と違って今はネット社会です、平成生まれの人などは生まれた時から
家にパソコンやネットができる環境が整っています、それに今では、無料
アダルト動画サイトも爆発的に増えて簡単にアダルトなオカズが手に入る時代
です。スマフォも普及しだれでも一台は持ってる時代、オナニー をしたくなったら、
いつでも、どこでも出来てしまう時代になってるんですよね。
 

オナニー 依存症ってだめなの???膣内射精障害

【膣内射精障害】って????何?
【膣内射精障害】とは女性の膣内で射精出来ない・つまりセックスしても
女性の中で果てれないという事です・・・・・・
 

☆☆う・私も若干そうかもしれない・・・・☆☆ 

この【膣内射精障害】に陥ると女性とのセックスに満足感を得られないやセックスレス
になったりと、パートナーと上手くいかない状況になってしまいます。
【膣内射精障害】になる最大の原因はオナニー のしすぎにあると言われています。
ペニスを強く握りすぎる事でしか射精が出来なかったり、足をピンと伸ばしてしか
射精出来なかったり、こういったオナニー を常に行ってる方は減らす事はもちろん
 

☆☆☆オナホール を使っう射精してみましょう!!!☆☆☆ 

オナニー 依存症で起こるデメリットとは?

image

依存症になってしまうと、1日に何度となくオナニー を繰り返したり、オナニー の
時間を使ったりしまう事があります。そうなると日常生活に支障をきたしてしまう事
があります。
また、解っててもオナニー がやめられないと言った自虐的になったりもします。
オナニー をしないと気が済まないと思う事が日常茶判事になってしまいます。
 

☆☆☆集中力もなくなる☆☆☆ 

四六時中女の事やオナニー の事を考える事でソワソワして重大な事や大事な事が手につかなく
なってしまい、何かしなければいけないとわかってても「まずはオナニー してから」という癖
がついてしまい、常にエロい事が頭にあり大事な事が集中できなくなってしまいます。
 

自分がオナニー 依存症か確かめる方法は???

自覚している人もいない人もいると思いますが、簡単にチェックしてみてください。
①大事な事が目の前にあるのに、ついアダルトサイトをみたりオナニー をしてしまう。
②オナニー の際長時間アダルトサイトを閲覧して時間を見てびっくりした。
③何日も連続で長いあいだのオナニー 。
④職場や電車の中など、ダメだとわかっててアダルトサイトを見てしまう。
⑤本来やらなければいけない事があってもアダルトサイト閲覧・オナニー をしてしまう。

オナニー 依存症対策は???

image
 
大事なことは【自制心】を保つということです。
自分が今やらなければいけない事を今一度考え行動しましょう。
なたいつもオナニー がしたくなるタイミングに別の用事や意識的に違う
事を考える様にしましょう。
また、スポーツや音楽を聴いて気を紛らわしたり、ボランティア活動に
参加しても気持ちがスッキリして気分が紛れるでしょう。
オナニー は基本一人で自宅で行う事が圧倒的に多いと思います。
オナニー をしてしまう方は一人になる時間を少なくしたり、友達と
交流する時間を多くとる事もいいかもしれません。
 

☆☆☆彼女を見つける☆☆☆ 

私が思う一番の特効薬は【彼女を見つける】
女性との出会いを求めたり、彼女が出来る事で自然とオナニー する回数が
減る可能性があると思います。
また出会いがないと感じるあなたは、婚活サイトやマッチングサイト等で
探すのも1つの手かと思います。
結構大手のマッチングサイトの様です。

☆☆☆マッチングサイトPC☆MAX☆☆☆ 

image

重度の場合はやっぱり病院にいって診察をうけなければいけないとおもいます。
依存症治療専門の病院か心療内科・精神内科がいいかと思います。
恥ずかしいと思わず、確り専門医に伝えた方がその症状にあった対処法を提案して
くれるでしょう。
軽度であれば自分の意思でどうにかなりますが、本当に重度の方は病院に行って
相談してください。

image